Will Sweeney × Kazuki Kuraishi Special Interview

Q_コラボレーションとは、お互いの良さや強みを活かし合う中で着地点を見つけ、 顧客満足度やブランド力向上などのメリットを見出すことと考えています。
Willさんが思う、Kappaの良さや強みとはどのようなところにあると思いますか?

Q_联名是指,在相互的优点和强项中找到落脚点,从而提高客户满意度和品牌价值等。
Will先生认为,Kappa的优点和强项体现在哪里呢?

Will Sweeney: ブレイクダンスにハマっていた少年時代からKappaのロゴが大好きでした。KappaはUKのブレーカーが着る数少ないブランドの一つで、ロゴと服には神秘性と魅力があり、今でもそれを感じています。
 
Will Sweeney:我从沉迷于霹雳舞的少年时代开始就非常喜欢Kappa的LOGO。Kappa是UK的霹雳舞者们所穿的为数不多的品牌之一,它的LOGO和衣服中充满了神秘感和魅力,我至今仍能感受得到。
 
Q_本プロジェクトの成果を生み出すために、Kappaの良さや強みにご自身のクリエティブをどのように掛け合わせましたか?
 
Q_为了展现本次项目的成果,您是如何在Kappa的优点和强项上加上自己的创意的呢?
 
Will: Kappaのロゴを宇宙のタイムマシンでユートピアな未来に運んでみました。
 
Will:我试着把 Kappa的LOGO用宇宙的时光机运送到了乌托邦似的未来。
 
Q_コンセプトの「INTERPLANETARY FITNESS PROGRAM」」とは、フィジカル、メンタルに効果的な宇宙的ワークアウトというテーマ性ですが、どのようなメッセージが込められていますか?

  Q_「INTERPLANETARY FITNESS PROGRAM」」的概念是指,从体力上、精神上都能有效解决宇宙性问题的这一主题,这其中包含了怎样的信息呢?

  Will: 大小様々なあらゆる生物にとってポジティブな健康効果を与えるものになるように、というメッセージです。

  Will: 这个具体信息是指:对大大小小的各种各样的生物都能带来积极健康的效果。

  Q_フードを被るとモヒカンのイメージとなる。という発想がとても素晴らしいと思います。そもそもなぜエイリアンがモヒカンなのでしょうか?ご自身がご覧になっていたと言う80’sのUKというイメージからの着想でしょうか?

  Q_戴上帽子就会成为莫西干的形象。我觉得这样的想法非常棒。但为什么外星人是莫西干的形象?是从您自己看到的80’s的UK的印象而得来的灵感吗?

Will: これらの特定のエイリアンは、空気力学的な目的のためにモヒカンのヘアスタイルをしないといけないんです。

Will: 这些特定的外星人、出于空气动力学的目的必须设计成莫西干的发型。

  Q_そのモヒカンに対して、カルチャー的な要因など何か特別な思いはありますか?
 
Q_对于莫西干,在文化因素等方面您有什么特别的见解吗?
 
Will: 子供の頃の80年代、街中でモヒカンのパンクスをよく見かけていたので、めちゃくちゃかっこいい髪型だけど手間がかかるだろうなといつも思っていました。
 
Will: 在我小时候的80年代、在街上经常能看到莫西干发型的朋克们,所以我那时总是在想想:虽然发型很帅,但打扮成这样应该要费很大功夫吧。

  Q_ミューテッドトーンのカラー配色が印象的なコレクションですが、透明感もありつつしっかりとした主張を感じる印象です。ファッションとして色のセレクトや配色にこだわった点はありますか?

  Q_这次创作给我印象比较深刻的是较沉静的颜色配色、不过也能让人感受到其透明感,很有存在感。在时尚方面是如何讲究选择颜色和配色的?

Will: 僕がセレクトしたのはエイリアンのキャラクターを描いた時のカラーパレットです。鉛筆で描いているので、僕が普段使うような色の組み合わせよりも柔らかく、落ち着いた色にしたかったのと、着やすいグラフィックになるように派手すぎない色にしたかったんです。一樹さんはそれを洋服づくりに反映させ、僕のカラーパレットをより洗練されたものにしてくれました。

  Will: 这是我在选择画外星人时的颜色。因为用的是铅笔画的,所以我想选择比平时使用的颜色搭配更柔和更沉稳的色调,也想要画出更适合穿着的图案,不过于花哨的颜色。而一树先生将这些都反映在服装的制作上,使我的颜色层次更加有洗练感。

倉石: 僕は、まずWillのキャラクターが最初に上がってきたので、これをどうやったら洋服と融合出来るかを考えました。
よくあるような、タダ単にWillの「グラフィックをプリントして終わり」ではなく、洋服として主張しすぎずに彼のグラフィック/キャラクターを生かしたいなと思っていました。 エイリアンを見ていたら色もとても特徴的で素敵だったので、ここにポイントをしぼって何か出来ないかという思いに至りました。
前述のモヒカンも、カラーブロックもランダムで何となく今回書いてもらったWillのエイリアンからイメージがわいてきました。

仓石:作为我来说,因为Will的角色是最先出现的,所以考虑的是如何将它和衣服融合起来。 经常会这样希望:不仅仅是单纯的把Will的“角色图形印刷出来就完工”,而是在不喧宾夺主的情况下,使这些图形、角色鲜活起来。
看到外星人时,我感到它的颜色都很有特色、很漂亮,所以我就想能不能在这里突出重点并做点什么。
前面提到的莫西干,色块也都是随机的,不知不觉就能联想到Will画的外星人。

  Q_スポーツカルチャーとミュージックカルチャー、お互い別のルーツを持ちながら接点を持った今回のプロジェクト、ファッションを通じアートを表現するという「A.four Labs」のコンセプトですが、そこに賛同され、参画された理由をお聞かせください。

  Q_体育文化和音乐文化,彼此有着不同的根源,却又有着共通点。而这次的企划有着这样的共通点,试图通过时尚表现艺术。这也是「A.four Labs」的概念。那么您赞同并参与这次企划的理由是什么呢?

  Will: A.four Labs, Kappaどちらのブランドが好きだったし、僕を信用してグラフィックを自由に描かせてくれたからです。

  Will: 无论是A.four Labs, 还是Kappa都是我很喜欢的品牌;同时品牌又信任我,让我自由地进行图形创作。

  Q_パッカブル仕様なところや、ジャケットの丈感など、今のトレンドにハマっている仕様のアイテムですが、ストリートシーンに向けて意識したところはどのようなところでしょうか?

  Q_无论是能收容进大口袋的样式、还是夹克的长度等设计、都是当下比较流行的款式,但在街头风方面您注意的是哪些地方?

  倉石: 僕は流行を気にしているわけでは無いですが、自然と目に入ってくるものを、とても意識をしています。パッカブルの仕様はWillのキャラクターが出来るまえから、そう言う想定でお願いをしていました。
服にグラフィックをドーンっと乗せるようなものでは無く、コレクション全体としてWillのキャラクターの雰囲気を出しながら、パッカブルにしたときにはそのキャラクターが主張してくると言うような、アイディアが最初からありました。ストリートを意識というよりは、 Willのグラフィックをどうしたら服と融合出来るかが一番意識した所です。

仓石:我并不是特别在意流行,但对于自然地流入视线的东西是我比较在意的。
能收容进大口袋的衣服款式在Will画的角色出来之前,就以这样的设想来进行创作了。
对于服饰来说并不是仅仅把图像接入轨道一样放上去,而是一开始我就有了:以款式的整体效果来表现Will所描画出的角色氛围的想法,也就是说如果设计成收容口袋式设计那么角色图案就能鲜活起来。
与其说是意识到街头的风格,不如说是最重点关注的是如何将Will的角色图案与衣服完美的融合。

※日本国内では下記店舗のみでの限定発売となります。
発売日 2020年6月27日
お問合せ先 PHENIX CREATIVE SELECT STORE(フェニックス クリエイティブ セレクト ストア)
150-0001 東京都渋谷区神宮前6-7-10 ネスト原宿Ⅶ Tel 03-5778-4006

オフィシャルWEBサイト
https://www.phenix.co.jp/kappa/

No Comments Yet

Comments are closed

 

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur a dipiscing elit. Vivamus leo ante,

FOLLOW US ON